トラブルの際には窓口へ|目的に合わせた仕事選びが大事!目的別のオススメ在宅ワークは?

トラブルの際には窓口へ

タブレットを操作する女性

在宅ワークを行う上で何か悩み事ができたり、トラブルが発生した場合は在宅ワークを専門にした相談窓口を利用する事をオススメします。

在宅ワークの場合、どうしても周りに相談相手を見つける事ができにくい環境にあります。
正社員やパート、アルバイトのような勤務している仕事の場合、勤務先に疑問点や不満が生じた場合は、同僚などに相談する事も可能ですが、在宅ワーカーの場合、そのような相談は難しくなります。
だからと言って、一人で悩んでいても何の解決にもなりません。

そんな人の為に厚生労働省では、「在宅ワーク相談室」を無料で開設しています。
電話の場合、平日の9時半から16時半までとなっており、メールでの相談ならば24時間、好きな時にメールを送る事が可能です。
電話相談自体は無料になっていますが、フリーダイヤルではない為、地方で電話代が気になるようであれば、メールでの相談がオススメです。

相談内容には、在宅ワークに関するトラブルの相談から税金などの専門的な相談も行う事が可能となっており、在宅ワークを行う上で何かわからない事があった場合、どんどん相談していく事をオススメします。
ただし、在宅ワークの斡旋は行っていない為、注意が必要です。

もし、専門的な相談が必要な場合は、無料の法律相談などがオススメになります。
中には、悪徳業者と呼ばれるような在宅ワークの斡旋会社が潜んでいる場合もあります。
そのような会社で被害にあってしまった場合は、泣き寝入りすることなく、まずは、無料で専門家に相談してみるといいかと思います。